フローリングが沈む原因とは?実はシロアリかもしれません
フローリングが沈む原因とは?実はシロアリかもしれません

フローリングが沈む原因とは?実はシロアリかもしれません

フローリング シロアリ

住み慣れた住宅でも、時間の経過とともに必ず劣化します。

劣化が生じると、いたるところでさまざまな症状が現れますが、「フローリングが沈む」といったこともそのひとつです。

しかし、「フローリングが沈む」症状は、劣化だけでなく、シロアリが直接の原因となることもある点は十分に警戒しておく必要があります。

そこで今回は、「フローリングが沈む」のは、どのようなことが原因で起こるのか、またとくに注意しておきたいシロアリ被害との関係について詳しく解説いたします。

フローリングが沈む原因とは?

フローリングが沈むといった症状が見られる場合、いくつかの原因が考えられます。

そのおもな原因について、以下にご紹介いたします。

  • 劣化
  • 施工不良
  • 地盤沈下
  • シロアリ

劣化

フローリングが沈む現象は、劣化によって生じることがあります。

木造住宅の床は、おもに以下のような部材を組み合わせて構成されています。

  • 床束
  • 鋼製束
  • 大引き
  • 根太

上記の部材を組み合わせた床構造の上に、合板や断熱材などを敷き込み、フローリングやその他床材を貼って仕上げます。

しかし、とくに床下の湿度が高い場合は、木材が湿った状態が続くことから、劣化を促す「木材腐朽菌」が発生しやすくなります。

「木材腐朽菌」は、木材の主成分を分解して強度を著しく低下させるなど、深刻な劣化をもたらすきわめて危険な存在です。

床下構造が劣化によって強度低下を引き起こすと、フローリングなどの仕上げ材にも影響が及び、その一部が沈んでしまうことがあります。

床下の湿気は、換気不足や漏水、土壌からの発生など、さまざまな原因が考えられますが、建物の劣化を引き起こす要因となるため、適切に対策をしておくことが重要になります。 

なお、床下の湿気対策については、以下の記事を参考にしてください。

施工不良

フローリングが沈む現象は、施工不良によって生じることがあります。

例えば、床を支える根太が適正な間隔で配置されていないと、部分的に荷重に耐えられなくなり沈んでしまうケースです。

また、下地が平滑につくられていなかったり、仕上げ材の接着不良が起こったりしている部分などは、その周辺で沈み込みや床鳴りなどの症状が現れやすくなります。

ただし、施工不良の場合は、新築後、比較的早い段階で気づくことが多いため、施工業者によって手直しをしてもらえることが一般的です。

地盤沈下

フローリングが沈む現象は、地盤沈下によって生じることがあります。

地盤沈下が生じ、同時に束石や床束などが沈んでしまうと、それら部材で支えていた部分は宙に浮いた状態となり、床構造の強度は低下することになります。

そうなると、荷重を支えられなくなった部分は沈んでしまい、当然にフローリングなどの仕上げ材にも影響が及ぶわけです。

とくに、建物が傾斜して沈む「不同沈下」が生じると、建物へのダメージは大きくなりやすく、また暮らす人の健康にも大きな影響を与えるため、十分に注意しておかなければなりません。

よって、住宅を建てる際には、「不同沈下」が生じる可能性のある土地なのか、地盤調査をしておくことが重要になります。

なお、地盤調査に関する詳しい内容は、以下の記事を参考にしてください。

シロアリ

フローリングが沈む現象は、シロアリの食害によって生じることがあります。

シロアリが建物に侵入するルートといえば、その多くは土壌からです。

そのため、シロアリの侵入を許した場合、まず床下で使用されている木材が被害を受けることが多くなります。

シロアリは、木材に含まれている成分のひとつである「セルロース」を栄養源としており、被害を受けると、木材の密度は低下して強度が著しく低下します。

もちろん、床下構造部材だけでなく、フローリングや玄関框、そして壁内の部材にまで影響が及ぶこともあるため、十分な注意が必要です。

また、建物がシロアリの被害を受けると、フローリングの沈み込み以外にも、一定の兆候が現れる傾向にあります。

その兆候にいち早く気づくことで、シロアリによる建物被害の拡大を防ぐことが可能となります。

なお、シロアリ被害を受けた建物に現れる兆候については、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

シロアリが原因でフローリングが沈む場合、被害が拡大しないよう、適切に対処することが重要になります。

とはいえ、シロアリを見つけた場合に、市販の殺虫剤を使って駆除を行う方法は賢明とはいえません。

なぜなら、市販の殺虫剤は、目の前にいるシロアリは駆除できたとしても、巣のなかにいる仲間たちへの効果は期待できないためです。

さらには、生き残ったシロアリが巣へ逃げ帰ると、その仲間たちに警戒を与えてしまい、その後の駆除を難しくしてしまうおそれもあります。

シロアリの駆除は、自分で簡易的に行うのではなく、専門業者へ依頼することを強くおすすめいたします。

ヤマト産業では、シロアリの駆除、そして無料調査を行っております。

フローリングが沈むなど、シロアリの兆候が見られる場合は、ぜひお気軽にご相談ください。