ホームセンターで買えるシロアリ駆除剤は?種類・選び方・使い方などを解説

ホームセンターで買えるシロアリ駆除剤は?種類・選び方・使い方などを解説

「シロアリが出たからすぐに駆除したい」

「ホームセンターでどのシロアリ駆除剤を買えばいいかわからない」

このようなお悩みをお持ちの方は、シロアリ駆除の薬剤の種類や効果、自分で使う場合のおすすめの薬剤などについて確認しておきましょう。

この記事では、ホームセンターで購入できるシロアリ駆除剤の種類や効果、使い方、選び方などについて、シロアリ駆除歴30年・年間3,000件の株式会社ヤマト産業が詳しく解説します。

ホームセンターで購入できるシロアリ駆除剤は3種類

ホームセンターで手に入る薬剤は、主に以下の3つに分類されます。

  • シロアリを忌避させるとともに駆除できるピレスロイド系
  • シロアリを忌避させないが駆除ができるネオニコチノイド系やフェニルピラゾール系
  • シロアリが摂取して効果が現れるベイト剤

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

ピレスロイド系

ピレスロイド系の薬剤は、シロアリの駆除において神経系統を麻痺させる特性を有しています。これにより、シロアリが迅速かつ確実に駆除できます。

スプレーや粉末として販売されており、使用箇所に応じて使い分けることが可能です。使用後は短時間でシロアリ駆除の効果が発揮されます。

ただし、ピレスロイド系の薬剤は忌避性が高いため、シロアリが薬剤に近寄らないことによって効果を得られない可能性があります。

ネオニコチノイド系

ネオニコチノイド系薬剤は、安全性と効果の両立するニコチンに似た成分から成る駆除薬です。哺乳類には安全である一方で、シロアリなどの昆虫に対して強力な駆除効果を発揮します。

特筆すべきは、シロアリが薬剤を警戒せず、逃げないという点です。忌避性があるものに比べ、高確率で駆除が期待できます。

さらに、ネオニコチノイド系薬剤は空気中に蒸発しにくく、建物内への拡散が極めて少ない特性を持っています。低臭性であるため、使用後にほとんど匂いを感じないという利点もあります。

フェニルピラゾール系

フェニルピラゾール系の薬剤は、シロアリの神経伝達を阻害する特性によって駆除効果を発揮します。

少量でありながら強力な殺虫効果を有していますまた、フェニルピラゾール系の薬剤は忌避性がないため、シロアリが逃げません。

また、強い毒性とドミノ効果により、シロアリ駆除において優れた選択肢となりますが、異なる製品によって成分が異なるため、正確な使用方法は製品の説明書を確認することが不可欠です。

ベイト剤

ベイト剤は、シロアリが摂食することで効果を発揮し、巣にいるシロアリにも影響を与えます。

ベイト剤を食べたシロアリが巣に戻って死ぬと、その死骸を別のシロアリが食べて連鎖的に巣ごと壊滅させられます。

ベイト剤はその特性から、シロアリの生態に対応した効果的な駆除手段として広く利用されています。

自分でシロアリ駆除するならネオニコチノイド系がおすすめ

自己でシロアリ駆除を行う場合、使いやすさと高い効果を踏まえて、ネオニコチノイド系薬剤をおすすめします。取り扱いが比較的容易でありながら、シロアリに対して高い効果を発揮する薬剤です。

ホームセンターの薬剤でシロアリ駆除ができる建物

ホームセンターの薬剤でシロアリ駆除ができるのは、以下の条件がそろっている場合に限ります。

条件
基礎断熱が入っていない建物古い木造住宅、一部のアパートメント
在来工法ではない風呂やトイレの場合新しい住宅、アパートメントの一般的な設計
床下に進入口があり点検可能な場合住宅や建物の底部に点検口や通気口がある場合
床下に人が入ることが可能な建物地下室やサブフロアがある建物

これらの条件が揃っている場合、ホームセンターで入手できるシロアリ駆除剤を使用することで、効果的かつ手軽にシロアリ駆除が行えます。

ホームセンターで購入できる駆除剤による駆除方法

シロアリ対策協会の定める防除仕様書によれば、シロアリ駆除には1平米あたり3リットルの薬剤散布が必要です。しかし、ホームセンターで入手できる薬剤は希釈倍率が比較的高いため、大量に購入する必要があります。また、一部の箇所では穴を開ける必要があり、これには専門の道具が必要となります。

ホームセンターで購入した薬剤の使用方法や希釈倍率、穴の開け方などは、製品ごとに異なるため、製品の説明書を正確に確認しましょう。

シロアリ駆除の手順は次のとおりです。

1.養生

養生作業では、まず床養生を行います。ホースが通る箇所を保護し、床を傷や汚れから守るための対策です。同時に、点検口周りも丁寧に養生します。点検口は特に傷つきやすいため、これを念入りに保護します。

2.木部薬剤注入

木部穿孔処理では、シロアリの被害を受けた木材に穿孔を行い、そこに薬剤を注入します。この穿孔処理を通じて、木材内部のシロアリを駆除できます。

床下作業においては、木部薬剤散布を行います。床下には薬剤を散布し、これによってシロアリが駆除されます。

3. 土壌散布

土壌散布処理では、土壌に対して専用の薬剤を散布し、シロアリの侵入を予防します。これにより、地中からのシロアリの動きを制限し、効果的な駆除対策が実施できます。

4.壁面・土間薬剤注入

土間穿孔作業では、土間に穴を開け、そこに薬剤を注入します。この穿孔処理によって、土間に巣食うシロアリに対して駆除剤が効果を発揮します。

穿孔個所の補修作業では、開けた穴をモルタルなどを使用して補修し、見た目を整えます。

シロアリ駆除の方法と手順について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

シロアリ駆除はプロに任せるのがおすすめ

シロアリ駆除は、建物にとって深刻な問題となり得るため、適切な対処が求められます。シロアリ駆除は、やはりプロの業者に依頼するのがおすすめです。

プロのシロアリ駆除業者は専門的な知識や経験を有しており、シロアリの生態や巣の特徴について熟知しています。これにより、的確な診断と適切な対策が可能となります。シロアリは木材の内部で活動するため、外部からの確認が困難です。プロであれば、見えない場所の被害も迅速に発見できます。

次に、プロの業者は高度な技術や専門機材を駆使して効果的な駆除を行います。例えば、建物の床下や壁の中など、一般の人がアクセスしにくい箇所にシロアリが巣を形成することがあります。プロの業者はこれらの難易度の高い場所にもアクセスし、駆除作業を行います。また、薬剤の使用や穿孔作業など、特殊な技術が要求される場面でプロのスキルが発揮されます。

さらに、プロの業者が提供する保証やアフターサービスにも要注目です。施工後、シロアリの再発があった場合でも、保証期間内であれば再度対応してくれます。これにより、駆除後の安心感が得られ、長期的な安心を得られるでしょう。

シロアリ駆除はヤマト産業へご相談ください

シロアリ駆除は、京都府宇治市の株式会社ヤマト産業までご相談ください。30年のシロアリ駆除の実績があり、シロアリの家屋への侵入経路や原因を突き止めて適切に施工し、予防処置まで行います。

対応範囲は京都・奈良・大阪です。シロアリ被害にお困りの際はお気軽にご相談ください。

中岡 亘由

この記事を監修した人

ヤマト産業取締役。シロアリ業界歴約30年。”コワモテ”だが、部下からは優しいと定評があります(笑)シロアリ駆除、防除、雨漏り防水のコトなら何でも聞いてください!

更新情報

About

京都のシロアリ駆除・雨漏り防水工事専門業者ヤマト産業。寺社仏閣や大手会社の請負歴29年、1000件以上の実績。表面波による地盤調査では取り扱い件数No.1の実績があります。シロアリ駆除・雨漏り防水のほか、地盤調査、害虫・害獣駆除、断熱工事、その他リフォームもお任せ!京都・大阪・奈良エリア対応可。