シロアリ調査の流れとは?具体的な方法と見るポイントを徹底解説
シロアリ調査の流れとは?具体的な方法と見るポイントを徹底解説
シロアリ調査の流れとは

シロアリを見つけた場合など、被害が疑われるようなら、まず状況を調査することが重要です。

とはいえ、具体的にどのような調査が行われるのか、不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

専門業者が行うシロアリ調査は、シロアリの有無や被害状況などを把握し、方針を決定するための重要なプロセスとなります。

そこで今回は、シロアリ調査はどのような流れで実施するのか、またその方法やポイントについて解説いたします。

また、ヤマト産業が行うシロアリ調査の強みについてもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

シロアリ調査はどのような流れで実施する?

シロアリ侵入経路

シロアリを見つけた場合は、適切な対処が必要です。

とくに被害が疑われるようであれば、できるだけ早めに専門業者へ依頼してシロアリ調査を実施することをお勧めいたします。

というのも、一度シロアリの被害を受けた部分を元の状態に戻すことは簡単ではないうえ、それが重要な構造部であれば建物の寿命にも影響する可能性があるためです。

なお、ヤマト産業のシロアリ調査は無料で実施しています。

また、調査が無料であっても、その後のシロアリ駆除や予防を必ず実施しなくてはならないわけでもありません。

調査の結果とスタッフの説明などから、検討のうえ決定していただけます。

それでは、ヤマト産業が行うシロアリ調査の大きな流れについて、以下に解説いたします。

調査の流れ

  1. 調査前の説明
  2. 養生
  3. 床下調査
  4. 玄関、水回り調査
  5. 外部調査
  6. 調査結果の確認
  7. 後片付け
  8. 調査報告書の提出

シロアリ調査の流れ①調査前の説明

電話にてシロアリの被害状況や建物に関する簡単なヒアリングを行い、シロアリ調査の日程を決定いたします。

シロアリ調査の当日に担当スタッフが到着したら、調査の内容について説明させていただきます。

シロアリ調査の流れ②養生

シロアリ調査の際には調査スタッフが床下へ入るため、室内が汚れないよう、点検口など侵入口のまわりを中心にしっかりと養生を行います。

なお、点検口が無い場合は、相談のうえ畳下の板をカットしたり、また場合によっては点検口を新設したりするなど、侵入口を確保させていただくこともあります。

シロアリ調査の流れ③床下調査

シロアリの状況について、床下調査を行います。

床下では、シロアリの有無や被害状況を中心に、その他害虫の発生や基礎のクラックなどをチェックします。

また、シロアリは湿気の多い環境を好むことから、配管の水漏れやカビ、腐朽菌の発生などの確認も行います。

シロアリ調査の流れ④玄関、水回り調査

シロアリの被害が多く見られるにもかかわらず、スペースが十分でないことから、床下調査が難しい玄関や浴室、トイレなどの水回りについて調査を行います。

このときには、天井や壁に雨漏りが生じていないかなど、目視によって入念にチェックします。

というのも、雨漏りが生じている場合は、シロアリの被害を受けている可能性が高い傾向にあるためです。

シロアリ調査の流れ⑤外部調査

建物内部の調査が完了したら、シロアリが侵入している痕跡を調べる外部調査を行います。

シロアリが外部から侵入する場合は、蟻道(ぎどう)と呼ばれる痕跡が残ります。

基礎面はもちろんのこと、花壇や玄関ポーチ、そして水切り金物より高い位置などもしっかりとチェックを行います。

シロアリ調査の流れ⑥調査結果の確認

ひと通り調査が完了したら、調査中に撮影した写真をタブレットなどで確認していただきます。

また、シロアリ駆除を行う場合の薬剤の安全性や具体的な施工方法について、説明をさせていただきます。

なお、シロアリ駆除を行う場合は、調査に訪問したスタッフが施工当日に同行することも可能です。

シロアリ調査の流れ⑦後片付け

シロアリ調査のために行った養生などを撤去し、丁寧に後片付けを行います。

シロアリ調査の流れ⑧調査報告書の提出

シロアリ調査は、1時間程度を目安に終了します。

ただし、建物の大きさや侵入口、床下の人通口など、条件によっては時間がかかるケースもあります。

そして、シロアリ調査についてまとめた調査報告書を、後日改めて提出いたします。

ヤマト産業が行うシロアリ調査の強みとは

シロアリの被害が疑われる場合は、まず専門業者による調査を行い、状況の把握と今後の方針を決定することが重要です。

なお、ヤマト産業では、無料のシロアリ調査を実施しています。

シロアリ調査で訪問するスタッフは、すべてが施工経験者であり、そして挨拶やマナーについて研修を受けています。

この「お客様への配慮」がヤマト産業の最大の強みです。

また、これまで多くの工務店やハウスメーカーの床下点検を実施しており、豊富な実績に基づく点検技術のレベルが高いことも強みのひとつです。

とくに、建築に関する知識を持ったスタッフが多く在籍しており、シロアリの点検だけでなく、専門的な見地から建物をチェックできます。

床下の湿気に関する状況や、配管の水漏れ、基礎クラック、壁からの漏水など、建物のコンディションに影響を与える要素について、きめ細かく確認しています。

以上のように、マナーと技術を備えたスタッフによる調査を行えることが、ヤマト産業の強みです。

まとめ

シロアリを自宅や周辺で見つけたり、あるいは被害を受けている可能性を疑ったりしているなら、まずは専門業者へ調査を依頼してみることをお勧めいたします。

シロアリは、建物に対して直ちに致命的なダメージを与えるわけではありません。

しかし、受けたダメージを元に戻すことは非常に難しいため、被害が拡大しないよう十分に注意することが重要です。

ヤマト産業では、シロアリ調査において、お客様への配慮と満足いただけるサービスの提供を心掛けています。

シロアリ調査を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。