シロアリ保証制度とはなに?保証の内容や種類などを徹底解説
シロアリ保証制度とはなに?保証の内容や種類などを徹底解説
シロアリ保証

シロアリ駆除を行う場合、「保証は付くのか」あるいは「保証はどのような内容なのか」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

実際のところ、シロアリ駆除を行うと5年の保証が付くことが一般的に多くなりますが、業者によっては内容が異なる場合があります。

また、状況によっては、施工後に再発しても保証が使えないケースもある点では注意が必要です。

そのため、事前に確認し、内容を把握したうえでシロアリ駆除を行うことが重要になります。

そこで今回は、シロアリ駆除の保証制度について、その内容や種類などを徹底解説いたします。

シロアリ保証は大きく2種類

シロアリ駆除を行った場合、一般的に多い保証期間は5年となっています。

というのも、シロアリ駆除に使用する薬剤の効果は、5年で切れるようつくられていることがおもな理由です。

なぜ5年で薬剤の効果が切れるようつくられているのかという点は、以下の記事を参考にしてください。

そして、一般的なシロアリ保証は、大きく以下の2種類となっています。

  • 再施工保証
  • シロアリ賠償責任付き保証

再施工保証

再施工保証とは、シロアリ駆除を行った後、保証期間中にシロアリが発生した場合に無償で再施工を行うというものです。

シロアリ賠償責任付き保証

シロアリ賠償責任付き保証とは、施工に瑕疵(不具合など)があり、そしてシロアリの再発が原因で建物に被害があった場合に、その修復費用を負担するというものです。

ただし、おもな保証範囲となるのは原状回復であるため、もともと被害を受けている建物に対しては保証されないケースもあります。

シロアリ保証の内容について

シロアリ駆除の保証内容は、施工業者によって異なります。

一般的な「再施工保証」や「シロアリ賠償責任付き保証」の他にも、独自のサービスを設けて差別化を図っていることから、業者ごとに比較してみるのもよいでしょう。

保証期間中のアフターサービスについて

シロアリ駆除の保証期間は5年であることが一般的ですが、なかには期間中に無料点検サービスを行っている場合があります。

無料点検は、おもに再発を防止することが目的であり、内容は施工業者によって異なります。

例えば、シロアリの有無など被害状況はもちろん、配管の水漏れや基礎のクラック、湿気によるカビや腐朽菌のチェックなどです。

この無料点検などのアフターサービスがあることは、再発防止という意味でも、大きな安心につながるといえます。

ただし、とくに訪問販売系のシロアリ駆除業者などは、保証期間中の「毎年点検」を謳い、点検の度に付帯工事を進められることがある点では十分な注意が必要です。

そのため、業者選びは非常に重要であり、できるだけ長期間にわたって地域に密着した専門業者へ依頼することをお勧めいたします。

シロアリ保証の保証書について

シロアリ駆除の保証が付いている場合、施工後に保証書の発行があります。

しかし、保証は付いていても保証書は発行しないという業者もなかにはいるようです。

このケースでは、実際に保証が必要となる場合にトラブルの原因となる可能性があるため、保証書の発行があることを事前に確認しておくことがポイントとなります。

また、保証書を発行するのは、施工店だけではなく、薬剤メーカーや所属する組合などさまざまなケースがあることも知っておくとよいでしょう。

そしてなによりも、保証書を受け取ったら、必ず内容を確認し、紛失しないよう保管しておくことが重要です。

シロアリ保証が使えないケースとは

保証が付いているシロアリ駆除を行った後、シロアリが再発した場合でも、状況によっては付いているはずの保証が使えないケースもあります。

そのため、保証内容をしっかりと確認し、万が一に備えておくことが重要になります。

シロアリ保証が使えないケースとは、例えば以下の通りです。

  • 建物の増築や改築をした場合
  • 水漏れや雨漏りがある場合
  • 保証対象ではないシロアリ被害の場合

建物の増築や改築をした場合

建物の増築や改築をした場合、シロアリ駆除の保証が使えない場合があります。

なぜなら、床下に薬剤を散布していない部分が生じてしまい、その部分からシロアリの侵入を許す可能性があるためです。

仮に、増改築を行う場合は、散布していない部分への再施工を行うなど、シロアリ駆除業者へ相談しておくとよいでしょう。

水漏れや雨漏りがある場合

水漏れや雨漏りの影響が床下まで及んでいる場合、シロアリ駆除の保証が使えない場合があります。

なぜなら、水漏れや雨漏りの水が継続的に床下へ流れ込むと、散布した薬剤まで流れてしまう可能性があるためです。

また、木材が濡れることで、シロアリや腐朽菌などが好む環境をつくってしまいます。

水漏れや雨漏りがあることがわかったら、速やかに補修することが重要です。

保証対象ではないシロアリ被害の場合

多くのシロアリ駆除業者は、おもに「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」について保証の対象としています。

近年では、外来種である「アメリカカンザイシロアリ」の被害が報告されるようになりましたが、基本的に保証の対象とされていません。

なぜなら、シロアリ被害のほとんどが「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の2種類であり、また「アメリカカンザイシロアリ」はこれらと生態が異なり、駆除方法も変わってくるためです。

ヤマト産業のシロアリ保証

ヤマト産業で行うシロアリ防除工事の保証とは、施工日から5年間の保証期間について、無償で管理させていただくというものです。

ただし、状況によっては保証が難しいケースもあります。

ヤマト産業のシロアリ保証について、その内容を以下にご紹介いたします。

ヤマト産業のシロアリ保証の内容について

ヤマト産業のシロアリ保証のおもな内容は、以下の通りです。

保証が難しいケースについて

シロアリ防除工事の保証が難しいケースとなるのは、例えば以下の通りです。

  • 施工できない箇所がある
  • 増築や改築により建物の一部に未施工の場所がある
  • 床下から上部(梁やラス板など)
  • 水漏れや結露が原因で薬剤が流れてしまった場合
  • 店舗等の壁面内でシロアリが発生しており、発生源が特定できない場合

アフターサービスについて

ヤマト産業では、保証期間中のアフターサービスとして、中間点検と最終点検を実施させていただきます。

ハガキにて点検のご案内をさせていただき、後日、点検日程のご相談の連絡を入れさせていただきます。

シロアリアフターメンテナンス

まとめ

シロアリ駆除を行った場合の一般的な保証は、施工業者によって内容は異なりますが、その後5年間について無償保証するというものになります。

というのも、シロアリ駆除で使用する薬剤の効果は、5年で切れるようつくられているためです。

ヤマト産業においても、シロアリ保証を付けており、また、より確実な再発防止を目的として保証期間中の中間点検と最終点検を実施しています。

30年近くもの経験に基づくノウハウと、安心な自社施工により、シロアリの被害からお客様を守ることを第一に施工を行っています。

シロアリ駆除を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。