マンションもシロアリの被害を受ける?その原因と駆除方法を徹底解説
マンションもシロアリの被害を受ける?その原因と駆除方法を徹底解説

マンションもシロアリの被害を受ける?その原因と駆除方法を徹底解説

マンションのシロアリ被害

マンションに住んでいれば、「シロアリの被害を受けることはない!」と安心している人も多いのではないでしょうか?

しかし、鉄筋コンクリート造のマンションであっても、シロアリの被害を受ける可能性があり、また実際に多くの事例があるため油断は禁物です。

では、なぜコンクリートに覆われている建物でシロアリの被害を受けることがあるのでしょうか?

また、シロアリ被害を受けた場合、どのような駆除を行うのでしょうか?

そこで今回は、マンションがシロアリの被害を受けるおもな原因と駆除方法について、徹底解説いたします。

マンションがシロアリの被害を受けるおもな原因とは

マンションは、鉄筋コンクリート造であっても、シロアリの被害を受ける可能性があります。

というのも、シロアリはエサとなる木材を求めて建物内へ侵入しますが、鉄筋コンクリート造のマンションでも、あらゆる部位に多くの木材を使用しているためです。

例えば、根太や大引きなどの床組み材、フローリング、建具、壁下地材、その他にも多くの木材が使われています。

木材を使用している以上、シロアリの被害とまったくの無関係でいられるはずはなく、当然に安心はできません。

マンションのシロアリ被害は1階部分が多い

マンションでシロアリ被害が多いのは、1階部分となります。

なぜなら、シロアリは土の中へ巣をつくって集団で暮らしており、物理的に近い距離にあることが大きな理由です。

戸建て住宅の場合、シロアリが建物内への侵入するときのルートは、床下の土壌からとなります。

一方、マンションの場合、その多くは、床面にコンクリートスラブや土間などを設けており、構造として床下が存在しません。

そのため、シロアリの侵入する余地はないと思われがちですが、実は、比較的容易に侵入されてしまうケースがあります。

コンクリートは、素材の性質上ひび割れが起こりやすく、また施工時の打ち継ぎ部分で経年とともに隙間が生じることがあります。

シロアリは、このようなわずかな隙間があれば、いとも簡単に通り抜け、侵入してしまうのです。

また、コンクリートスラブや土間などの上には、大引きや根太を使って床組みをする、いわゆる「転ばし床」を採用しているケースが多く見られます。

つまり、コンクリート層を通り抜ければ、すぐにエサとなる木材に到達するわけです。

よって、マンションの1階部分は、とくにシロアリの被害に対して警戒しておくことが重要になります。

マンションの2階以上も警戒が必要

マンションでシロアリ被害が多いのは1階部分になりますが、2階以上についても警戒しておく必要があります。

なぜなら、マンションの2階以上でも多くの木材が使われており、シロアリは「蟻道」と呼ばれるトンネル状の通路をつくりながら、エサを求めて移動していくためです。

さらに、シロアリは、水を運びながら移動することから、上下方向への遠距離移動も多く確認されています。

よって、マンションの2階以上でも安心することなく、シロアリの被害に対して警戒しておくことが重要になります。

なおシロアリの「蟻道」に関する詳しい内容は、以下の記事を参考にしてください。

マンションのシロアリ被害は水回りに多い

マンションでシロアリ被害が多い部分に、風呂場やトイレなどの水回りがあります。

なぜなら、水回りには、シロアリにとって都合のよい環境が生じやすいためです。

シロアリにとって都合のよい環境とは、「湿気が多い」「エサがある」「日当たりが悪い」といったことなどが挙げられます。

水回りはこのような環境になりやすく、この点は戸建て住宅と同様となります。

なお、水回りでシロアリが発生しやすい理由に関する詳しい内容は、以下の記事を参考にしてください。

マンションのシロアリ駆除方法

マンションでシロアリの被害を受けた場合、主要構造を傷めることはないため、木造住宅のように深刻なダメージを負うことは考えられません。

しかし、木材を使用している部分については、食害を受け続けることから、適切な方法で駆除を行う必要があります。

マンションのシロアリ駆除の方法とは、戸建て住宅と同様に薬剤による施工を行います。

床下があり、侵入できる場合は、床下から薬剤を散布して駆除する方法が有効です。

床下がない場合は、シロアリの被害を受けている木材や壁面に電動ドリルなどの工具を使って穴をあけ、薬剤を注入します。

これを、1階のすべての部屋で実施する必要があります。

というのも、施工漏れがあると、その部分からの侵入を許すことになり、駆除の効果が十分に得られないためです。

また、薬剤注入のためにあけた穴は、木栓などで補修処理を行うため、基本的に補修跡は残りません。

なお、ヤマト産業が行うシロアリ駆除に関する詳しい内容は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

マンションは、たとえ鉄筋コンクリート造であっても、木材を使用している以上、シロアリの被害を受ける可能性があります。

マンションでシロアリの存在を確認した場合、適切な方法により駆除を行わなくてはなりません。

市販の殺虫剤を使用して駆除を試みるケースも見られますが、この方法は根本的な解決とはなりにくいため注意が必要となります。

なぜなら、市販の殺虫剤は、目の前にいるシロアリに対しては一定の効果が得られるものの、巣にいる何十倍もの仲間達に警戒を与えてしまうためです。

その結果、駆除できたと思っていても、他の部屋へ移動して加害し続けるなど、かえって被害を大きくしてしまうケースも考えられます。

そのため、シロアリの駆除は、市販の殺虫剤を使用するよりも、専門業者に依頼することがポイントです。

ヤマト産業では、マンションのシロアリ駆除も対応しております。

シロアリの被害から建物を守るため、対策を検討している方は、お気軽にご相談ください。